年賀状の宛名書きには、いくつかのマナーがあります。

はがきの宛名は、裏面のレイアウトに合わせるようにすると、受け取った方も自然に読むことが出来ます。

年賀状の宛名書きの住所は、郵便番号の小枠の右側二つの中心に合わせることでバランスが良くなり、目上の方や取引先で他の都道府県の住所へ送るときには、都道府県名から書きます。
また、番地などの数字は縦書きには一般に、漢字数を使用します。

宛名書きで、ビル名や会社名を書くときには、住所の文字よりも一回り小さい文字にして、住所よりも少し下げて書きます。

ビル名やマンション名が分かるときには、省略しないで記載し、会社や個人名のときには、社名や部署名には敬称を付けないで名前のみに付けます。会社の部署などに送るときには、部署名だけに御中を付けます。

氏名は大きめの文字で、郵便番号の三つの太枠の中心に合わせて、連名を付けるときにはそれぞれの名前に敬称を付けます。

縦書きのときには切手幅か、郵便番号枠幅ないに納めるように記入します。一般的には、表に書きますが裏でも失礼ではありません。

引っ越したときには、住所が変わったことを一言書き添えて、出産して家族が増えたときには、子供の名前にふりがなをふっておきます。