結婚式の招待状は招待する方に配慮しできるだけ早めにお送りすることになっています。2ヶ月ほど前に郵送しておき、1ヶ月ほど前までにご返信をいただくのが目安です。

招待状の宛名は毛筆で書かれる場合が多く、今でも毛筆が当たり前と思われている方も多くいらっしゃるといわれます。

自分達で宛名書きを行うカップルの方々の中には、”綺麗に仕上がり効率もよいからとパソコンでやってはいけないだろうか”と思われる場合もあるかもしれません。しかし特に年長者や目上の方も多くご招待されるならば、宛名だけは毛筆で行った方がよいかもしれません。

式場に宛名書きを申し込む場合は、大抵の場合有料で毛筆の宛名筆耕を依頼することができるようになっています。

書き損じや招待の変更・追加にも備えて、余裕を持って枚数を用意しておきましょう。

宛名書きの際に利用する招待者リストは、お名前を記入した後に通し番号をふっておくと必要枚数が分かり便利です。

肩書きやご関係などもメモしておかれると、席次表を作る時にも役立つことでしょう。

ご招待する皆様にとっては、お二人のご結婚について最初に目にすることになるのが結婚式の招待状です。

フォーマルな場にふさわしいというだけでなく、おもてなしの気持ちを込めて筆ペンで書いてみることをお勧めします。

一生懸命準備に励んだことが良い思い出ともなるでしょう。

来て頂く方々に気持ちよく受け取っていただけるように、チャレンジしてみて下さい。