体調を崩して仕事を辞めてからしばらく実家で療養生活をしていたのですが、近所の人に筆耕の仕事を紹介してもらいました。

私が小さい頃から習字を習っていて字を書くことが好きということを知っている方で、その人が求人を紹介してくれました。

体調が不安定なので企業に属したり就職をすることは難しいと思っていたのですが、仕事をしたいと思い始めていた頃だったので筆耕の仕事を受けることにしました。

最初は結婚式招待状の宛名書きを中心にしていました。字を書くことは大好きなことなのでとても楽しみながらすることができました。集中をしなければならないのですが、体調を見ながら仕事をすることができるのはとても助かりました。

最近受けている仕事は賞状の名前書きです。これは年明けから少しずつ増えてくる仕事なのですが、今まで書いていた人が辞めてする人がいなくなったので私も賞状の名前書きをすることになりました。

一生残るものでもあるし、もらった人がとても大切にする物なのでとても緊張して責任がある仕事でもありますが、そういう刺激の中で仕事をすることができるというのがやりがいになっています。

自分に合っている仕事を見つけることができて本当に充実をした毎日を送っています。